黒いシンプルなワンピース1着で大方の祭事は大丈夫です。

20年以上前ですけど従妹の結婚披露宴に招待された時には淡い黄色のパーティードレスで出席しました。

ドレスは当時勤めていた会社で記念パーティーが開かれた際に、ドレスを持っていなかった私は大急ぎで母と一緒に買いに行ったのです。

パーティー&カクテルドレス専門のブティックだったと記憶していますが、店名は覚えていません。

華やかなドレスが並ぶ店内で母と相談したり店員さんのアドバイスに耳を傾けながら選んだのです。
ドレスに合わせて白いハイヒールと白いハンドバッグも買いましたけど、ハイヒールは当時流行していたリボンが取り外し出来るタイプの靴を選び、ハンドバッグは白色の装飾も何も無い磁石で蓋をする様にして止めるデザインにしたのです。

この時までハイヒールを履いた事が有りませんでしたから、生まれて初めてのヒールに期待と不安がハーフ&ハーフでした。

これら一連のドレスグッズを従妹の結婚式にも身に着ける事になります。大慌てで見繕ったドレスでしたが白いドレスを選ばなくて本当に良かったと思いましたね。

基本は花嫁さんより目立ってはいけませんもの。このエピソードから30年近くを経た今、思うのはあらゆる場面で着る事の出来る、着回しが効く服にして置いたら…と後悔しています。

結局、パーティーと披露宴の2回だけしか着る機会がありませんでしたから。淡い黄色のヒラヒラしたドレスは利用出来るシーンが僅かです。

せめて黒いワンピースだったら色々なシチュエーションでも活躍したでしょうけれどね。綺麗なコサージュを付ければお祝い事に、お葬式や法事には真珠に替えれば充分に通用します。

靴やバッグの色も白と黒を揃えて。それでもお葬式に着て行った服を直ぐに結婚式で着るのは流石に抵抗が有りますから、そういう時には中古という手も考えますよ。

大手リサイクルチェーンでなら安く手に入りますし、レンタルという選択も出来るのです。いかに安く場所も取らずに整えるかを基準に考えていますから。

最近は、結婚式に呼ばれるよりも哀しいことに、お葬式に参列することの方が増えました。

先日も知人のお葬式があったんですが、いままで来ていた喪服のサイズが合わなくなり慌ててもう服を購入しましたよ。

こちらで・・・礼服レディース

最近は喪服もネットで買えるようになったので便利ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です